2020年〜2021年度
八戸南ロータリークラブ 第46代会長

松 田 義 武

Yoshitake Matsuda

【 2020~2021年度 会長方針 】



皆さん、こんにちは。
八戸南ロータリークラブ2020~2021年度会長の松田でございます。
これから1年間、微力ではございますが精一杯、クラブ会長の役割を果たしていきたいと思いますので皆様のご協力をお願いたします。

2020~2021年度のRI会長はドイツのホルガー・クナーク氏です。
そんなクナーク会長が掲げる次年度のRIテーマは「Rotary opens opportunities」「ロータリー・オープンズ・オポチュニティ」、日本語に訳すと「ロータリーは機会の扉を開く」です。
こうして皆様の前でお話させていただく機会、そして1年間会長という貴重な経験の機会を頂くことは、まさに「機会の扉を開く」というテーマそのものであると強く実感しております。
また、源信ガバナーが掲げる今年度の地区スローガンは「Believe together !」「信じあおう」です。

そして、RI会長テーマと地区スローガンに基づいて八戸南ロータリークラブの今年度の方針を「親睦と奉仕」といたしました。

近年のロータリーでは急速な変化が求められてきており、柔軟なクラブ運営や会員資格要件の緩和などこれまでのロータリーには無かった変化が起きています。
この急速な変化に私達クラブも対応していきながらも、ずっと変わらぬロータリーの良さもあると感じています。
新しいことにチャレンジすると同時に、普遍的なロータリーの良さも大切にしたい。そんな思いでおります。
時代は変化しても変わらぬロータリーの良さ、それが今年度の方針の「親睦と奉仕」です。
この最も基本的なロータリアンとしての活動に立ち返り、1年間を過ごしてまいる所存でございます。
私ども八戸南ロータリークラブを支えてくださっている地域の関係者の皆様、インターアクトクラブの皆様、クラブ会員の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

八戸南ロータリークラブは、皆様からご提供いただいた個人情報を厳重に管理し、第三者が個人情報及び個人履歴に不当に触れることがないように、セキュリティの強化に努めます。